FAQ

TRベンチについて

「停止ボタンを表示する」にチェックを入れます。

IPv6で測定出来ます。
測定先のドメイン又はサブドメインを [ ] で括ることで測定が出来ます。


 http://example.com/test.jpg → http://[example.com]/test.jpg
 http://www.example.com/test.jpg → http://[www.example.com]/test.jpg
となります。

IPv6で測定するためにはIPv6の通信環境とサーバがIPv6に対応している必要があります。

問い合わせより問い合わせて下さい。
削除したい名前と県名、測定日時を添えて問い合わせ下さい。

ランキング削除を行うと二度と復活できません。ご注意下さい。
TRベンチ内にデータが残っている場合は再度、ランキング登録をする事で復活する事が出来ます。

「その他」タブの「進捗状況のプログレスバーを表示する」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。

下記の様に進捗状況が表示される様になります。

Ver1.31.0.0よりSSL通信(暗号化通信)で測定が出来るようになりました。
また、暗号化通信が出来るのはTLS1.0、TLS1.1、TLS1.2のみです。
TLS1.3には対応していません。

出来ません。
アップロード(上り)の測定が出来る速度測定サイトで確認してみて下さい。

WEB版速度測定で測定を行って下さい。

出来ます。WEBサーバが必要になります。

必要なソフトウェアと機材
 ApacheやIISなどのソフトウェアとWEBサーバにする為のパソコンが1台必要です。
 ApacheやIISなどの設定方法はネットで検索すれば出てきます。

出来ません。サーバの負荷を考えて最小で30分としています。

プロバイダやレンタルサーバがありますのでそちらを借りてご利用下さい。 おすすめのレンタルサーバはWebARENAです。

タイマー測定や手動測定を行って転送量で警告メールなどを受けても作者、TRベンチ ランキングおよび光ファイバーネットの管理者は関知致しません。自己責任において行って下さい。
投稿は光ファイバーネット[]様のTRベンチ測定結果掲示板へ投稿されます。 ランキングはTRベンチ ランキングへ登録されます。

ランキングのみ投稿する事は出来ません。
ランキングのみ残したいのであれば投稿後、掲示板より削除する事によりランキングだけを残す事が出来ます。

通常のテキストファイルとして保存しておりません。

測定先URLの入力枠に測定をしたいURLをコピー&貼り付けを行って「測定開始」のボタンをクリックします。

提供して頂いてる測定ファイルは何らかの理由で提供を中止させて頂く場合があります。ご了承下さい。

プロキシ経由での測定は出来ません。

対応する予定は現在の所ありません。

測定出来るファイルサイズは2147483647バイトまでです。

画像ファイルのjpgファイルのみです。

TRbenchSetupXXX.exeまたはTRbench64SetupXXX.exeを実行すれば自動的にアップデートされます。

※X.XXはバージョンです。

32bit版の場合はコントロールパネルの「プログラムのアンインストール」でTRBench Version X.XXを削除します。
又はスタートメニューのプログラムメニューのNviSoft・TRベンチの中にある「TRベンチ アンインストール」を実行すれば削除されます。

64bit版の場合はコントロールパネルの「プログラムのアンインストール」でTRBench 64bit Version X.XXを削除します。
又はスタートメニューのプログラムメニューのNviSoft・TRベンチ64bitの中にある「TRベンチ アンインストール」を実行すれば削除されます。

※X.XXはバージョンです。

TRbenchSetupXXX.exeまたはTRbench64SetupXXX.exeを実行してください。後は画面の指示に従ってインストールします。

※XXXはバージョンです。

OSが32bit版の場合はTRベンチ 32bit版をダウンロードして下さい。
OSが64bit版の場合はTRベンチ 64bit版をダウンロードして下さい。

OSが32bit版か64bit版かよくわからない場合は32bit版をダウンロードして下さい。

アップデートについて

TRbenchSetupXXX.exeまたはTRbench64SetupXXX.exeを実行すれば自動的にアップデートされます。

※X.XXはバージョンです。

アンインストールについて

32bit版の場合はコントロールパネルの「プログラムのアンインストール」でTRBench Version X.XXを削除します。
又はスタートメニューのプログラムメニューのNviSoft・TRベンチの中にある「TRベンチ アンインストール」を実行すれば削除されます。

64bit版の場合はコントロールパネルの「プログラムのアンインストール」でTRBench 64bit Version X.XXを削除します。
又はスタートメニューのプログラムメニューのNviSoft・TRベンチ64bitの中にある「TRベンチ アンインストール」を実行すれば削除されます。

※X.XXはバージョンです。

インストールについて

TRbenchSetupXXX.exeまたはTRbench64SetupXXX.exeを実行してください。後は画面の指示に従ってインストールします。

※XXXはバージョンです。

ダウンロードについて

OSが32bit版の場合はTRベンチ 32bit版をダウンロードして下さい。
OSが64bit版の場合はTRベンチ 64bit版をダウンロードして下さい。

OSが32bit版か64bit版かよくわからない場合は32bit版をダウンロードして下さい。

投稿・ランキングについて

問い合わせより問い合わせて下さい。
削除したい名前と県名、測定日時を添えて問い合わせ下さい。

ランキング削除を行うと二度と復活できません。ご注意下さい。
TRベンチ内にデータが残っている場合は再度、ランキング登録をする事で復活する事が出来ます。

投稿は光ファイバーネット[]様のTRベンチ測定結果掲示板へ投稿されます。 ランキングはTRベンチ ランキングへ登録されます。

ランキングのみ投稿する事は出来ません。
ランキングのみ残したいのであれば投稿後、掲示板より削除する事によりランキングだけを残す事が出来ます。

通常のテキストファイルとして保存しておりません。

測定について

「停止ボタンを表示する」にチェックを入れます。

IPv6で測定出来ます。
測定先のドメイン又はサブドメインを [ ] で括ることで測定が出来ます。


 http://example.com/test.jpg → http://[example.com]/test.jpg
 http://www.example.com/test.jpg → http://[www.example.com]/test.jpg
となります。

IPv6で測定するためにはIPv6の通信環境とサーバがIPv6に対応している必要があります。

Ver1.31.0.0よりSSL通信(暗号化通信)で測定が出来るようになりました。
また、暗号化通信が出来るのはTLS1.0、TLS1.1、TLS1.2のみです。
TLS1.3には対応していません。

出来ません。
アップロード(上り)の測定が出来る速度測定サイトで確認してみて下さい。

WEB版速度測定で測定を行って下さい。

出来ます。WEBサーバが必要になります。

必要なソフトウェアと機材
 ApacheやIISなどのソフトウェアとWEBサーバにする為のパソコンが1台必要です。
 ApacheやIISなどの設定方法はネットで検索すれば出てきます。

出来ません。サーバの負荷を考えて最小で30分としています。

プロバイダやレンタルサーバがありますのでそちらを借りてご利用下さい。 おすすめのレンタルサーバはWebARENAです。

タイマー測定や手動測定を行って転送量で警告メールなどを受けても作者、TRベンチ ランキングおよび光ファイバーネットの管理者は関知致しません。自己責任において行って下さい。

測定先URLの入力枠に測定をしたいURLをコピー&貼り付けを行って「測定開始」のボタンをクリックします。

提供して頂いてる測定ファイルは何らかの理由で提供を中止させて頂く場合があります。ご了承下さい。

プロキシ経由での測定は出来ません。

対応する予定は現在の所ありません。

測定出来るファイルサイズは2147483647バイトまでです。

画像ファイルのjpgファイルのみです。

設定について

「その他」タブの「進捗状況のプログレスバーを表示する」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。

下記の様に進捗状況が表示される様になります。